葬儀を行なう際には事前相談が必要~シクシク悲しい別れ~

数珠

葬儀の二極化

花束と女性

葬儀が必要ないという人

葬儀の形式は、年を追うごとに派手になっている傾向があります。通夜や告別式の演出が豪華なお葬式を目にすることも多くなりました。その一方で、あえて葬儀を執り行わない人も増えています。通夜も告別式も省略した直葬形式でお葬式を挙げる家族も多いのです。その理由として、経済的な理由以外では、故人の遺志を尊重して直葬形式をとる遺族が多いことも確かです。自分の最期は、家族や愛する人にだけ見送られて旅立ちたいと願う人が確実に増えています。最近では、社会的地位がある人でも、弔問を断って直葬形式を選択する人が多いといいます。その中には、自分の最期についての段取りで、家族に負担をかけたくないと考える人も含まれています。

弔問の必要性

自分の最期は直葬で送ってもらいたいという意思は尊重されるべき事柄です。しかし、ある程度社会で活躍した人は、弔問客を断るのが難しいことも事実です。遺族が直葬で故人を送り出した後の弔問客をどう扱うかの問題が残ります。知り合いのいない人なら問題は起こりませんが、友人関係の列席も断っていた直葬であれば、お葬式以外のお別れの儀の設定も必要になってきます。最近の有名人も、お葬式は家族だけで行い、改めてお別れ式を開催するということが一般的になってきました。葬儀の弔問客の中には、お義理で訪ねてくる人も多いのですが、お別れ式の方は、本当の意味で故人を忍ぼうとする人が集まるので、故人の気持ちにも沿う形となります。